弔事で言ってはいけない言葉

お通夜やお葬式の参列時や、お悔やみの手紙を書く時は忌み言葉には注意しましょう。
日常生活で何気なく使っている言葉も含まれますので、細心の注意が必要です。
お悔やみの言葉は、受付をする時に必ずと言ってもいいほど、一言お伝えする言葉となります。
事前に言葉の準備をしておけば、失敗するようなことはないでしょう。
「重ね重ね」「たびたび」「いよいよ」「ますます」「つくづく」など普段何気なく使っている重ね言葉です。
ですが、これらの言葉は不幸が重なることをイメージさせるので、弔事の際は使用しないようにしましょう。
それ以外では「繰り返し」「重ねる」「追って」「また」「再度」なども縁起が悪いとされています。
ですので、これらの言葉は使わないように注意が必要です。
なお、「冥福・仏様・往生・供養」といった言葉は仏教用語となりますので、仏式のみの使用となります。
またキリスト教では「お悔やみ・ご愁傷様・哀悼」という言葉も使うことがありません。
「さぞ、お力落としのことと、お察しいたします」と、遺族の方々にお声掛けをするようにしましょう。

家族葬が安いのはこちらのサイトです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です